ようやく完成!

試作していたアレ。ようやくできました。


天然ミナミマグロの卵の明太子です。


もともと、

明太子を自家製にすべく、

スケトウダラの卵が出回っているうちにあれこれ試作していました。

唐辛子の粉を細かくしたり粗くしたり、辛さの調節やら旨味の調整やらで

ようやく完成した頃。


出逢ってしまったのです。

天然ミナミマグロの卵と。


ならば

この天然ミナミマグロの卵でも明太子を作ってみよう。


そんな小さなひらめきからスタートしたのでした。


天然ミナミマグロの卵。

マグロを獲った後に捨てられてしまっていたそうです。

食べたらおいしいのに、どうにかできないかなぁということで

浦安魚市場 泉銀さんで売り出されたのでした。


初めて見る食材。初めて味わう食感。

卵の持つエネルギー、たくましさ。

どんな持ち味なのか、良さを引き出すためにどうしたらよいか。

へーこんな特徴があるのね。

全てが興味深く、試行錯誤も楽しい時間でした。


この天然ミナミマグロの卵の明太子に限らないけれど、

こだわりは

「ふつうに美味しい」こと。


一口食べて「わー!」という一過性ではなくて、

毎日食べても食べ飽きないこと。

普段の食事に寄り添えるものであること。

また食べたいな、って思えるものであること。


この食感を活かすにはどうしたらよいか

この旨味を足すにはどうしたらいいか

この臭みを消すにはどうしたらよいか

イメージしている味にするにはどうしたらよいか


結構 頭使いました。


天然ミナミマグロの卵の一番の特徴が皮の食感。

コリコリしているのです。

食べた感じはたらこというよりチャンジャに近いかも。

でも卵の甘みはしっかりあります。


ご縁あって出逢えた天然ミナミマグロの卵。

そんなこんなで

ひねもす流の明太子となりました。


いつもならレシピとかコツとかほいほい教えてしまうのだけれど

今回ばかりは勘弁してください。


今週末、3/24(金) 25(土) 26(日)

浦安魚市場 泉銀さん店頭に並びます。

実は先週から売り出ししたのですが、

ご案内する前に売り切れてしまいました。

ごめんなさい。


泉銀さんに在庫してあった天然ミナミマグロの卵全てを

明太子にしました。

次の卵の入荷は船が帰って来る年末くらいになるそうです。

なので今回の分が売切れたら、しばらく作れません。

タイミングの合う方、ぜひご賞味くださいませ。


スポンサーサイト

感謝の日

3月17日(金)


無事に卒業式を終えました。

お休みいただきありがとうございました。


実は

ムスメの成長が嬉しいというのはなんとなくピンと来なくって。

髪飾りやらコサージュやらを作る事が楽しくって。


ムスメに内緒のサプライズ大作戦もあったりして

内緒だから寝静まってからの作業で寝不足だったりして

黙っていることが苦しくって

そんなこんなも楽しかったりして。


それでもやはり

時折いろんな事が蘇って胸いっぱいでひとり涙することもしばしばでした。


先生とかお友達とか

お友達の家族とか

近所のおじさんおばさんお兄さんお姉さん


小さい頃から見守ってくれてた方々

お店を始めてから出会った方々


たくさんの方が

おめでとうと声を掛けてくださったこと

共にムスメの成長を喜んでくださったこと


素敵な方々に恵まれてここまでおおきくなったんだなと

ただただ感謝でいっぱいです。


みなさま

本当にありがとうございました。


ムスメ、幸せ者だな。

このご縁を宝物にたくましく育っていって欲しいと思います。




臨時休業のお知らせ

明日 3月17日(金)は

臨時休業となります。


ムスメの卒業式に行ってきます。



ムスメ。

上級生の卒業式に参列して以来、

自分の卒業式で袴を着たいとずーーーーっと言ってました。

そして、大好きな美容師さんのところで着付けとヘアをお願いしたいのだと。

ムスメは未だかつて美容院に行ったことがないのだけれど

初めての時はその美容師さんにやってもらうと心に決めていたのです。

信頼、それのみです。


洋服でいいじゃん

と思っていたのだけれど、

ではわたしが袴が嫌な理由は何だろうと考えても特に思いつかなかったので

袴にすることに。


ただし条件がつ。

1.自分で探し、選ぶ事。

2.自分で手配する事。

3.自分の貯金からの支出とする事。

4.自分で支払う事。


美容院に自らお願いしに行き、予約。

ネットでレンタル袴屋さんを探し、色柄を選び、注文。

支払いはコンビニ払い。


袴屋さんに注文の際、ここまでに至った経緯をお伝えしました。

こちらが勝手に注文したのだけれど、

協力してくださいありがとうございます、の気持ちを込めて。


先週。そろそろ送ります、という電話を頂きました。

ムスメが注文した袴。身長からすると大きいのだそうです。

上手な人が着付けすれば大丈夫だけれど、うまくいかないかもしれないと。

ムスメさんの想いを聴いてしまった以上、かわいそうな事をさせてはいけないから

差し出がましいようですがちょうどいいサイズを予備でもう1枚入れておきますね。

使っても使わなくてもいいですから。

と、ひと肌脱いでくださったのです。


もう、わたし、胸いっぱいになってしまいました。

ハレの日を気持ちよく過ごせるように、との心遣い。

もう何と言ってよいのやら。

これぞ商人、ハッとさせられました。

わたしはこんな心意気を持ち合わせているだろうか…


ムスメのために関わって下さったみなさま

どうもありがとうございます。



メニューの事。

実はメニュー替えもしておりました。


というよりも

メニュー構成を見直しました。


四季に合わせて春夏秋冬のタイミングで変えておりました。

が、そこらへんはゆるーいもんで、

絶対に月初からとかは決めないのがひねもすらしさ。

次の季節の食材が出回り始めたり、

気温がそれらしくなってきた頃にそろそろかな、と。


それでもやはり

例えば春のたりの終わりごろ、5月末には新玉ねぎは出回らなくなるし、

秋のたりをそろそろ始めようかという8月の終わりは

残暑厳しくて秋はどこ?走りはどこ?という感じだし。


なので

3か月ごとにメニューを変えることをやめました。


「定番メニュー」と「本日のおすすめ」の2部構成です。


季節感をなくす、という事ではなくて

もっと細かくてゆる~い季節の移ろいも楽しむ事にしました。


魚も野菜も「今!」という時があるし

夏本番には夏本番の、端境期には端境期の食材を

提供したいと思います。


来るたびに違うメニューがある


そんなワクワクでお迎えしたいと思います。


本日のおすすめ、要チェックです。



そして。

ずーっと考えていたこと。

フードロスを減らすこと。


仕入れや保存過程、仕込みの段階での廃棄を減らすのは

ひねもす側の努力。


提供された物の食べ残しを減らすにはどうしたらいいかなぁと

ずーっと考えていました。


味が好みに合わなくて残すのは仕方のない事だけれど

ひねもすにもお客様にも意識してもらえる事ってなんだろうと。


おひるのご飯。

この一口が入んないんだよなー

という感じで残されるごはん。分かります。

食べたい気持ちはヤマヤマなのに苦しいんだよなー、って時、あります。

そうでなく

半分の量で足ります

って時は、最初にお伝えください。


夜のメニューのサラダ。

1人で食べるには多いかなぁっていう量だったので

MサイズとSサイズをご用意しました。


あと

自家製メンチカツは2個付でしたが、1個も明記しました。

欲しい量、食べたい量、食べられる量を選びやすくするために。

1人で2個は多いんだよなーって時、ありますものね。


今までも「3人だから3個にして!」のご要望にお応えしていましたが、

遠慮して言えなかった方も堂々とご注文ください(笑)


えびフライも唐揚げも少ない量をご用意してます。

ちょいたしにもご利用ください。


価格改定のお知らせ

すみません。

価格改定させていただきます。


昨年の食材高騰でかなりダメージを受け、

いろいろ考えるきっかけになりました。

例えば今まで100円だったレタスが400円になった時

その時だけレタスの使用量を減らしたり使わないメニューにしたり

個人店ならではの工夫をしてきたものの、

買わない事で農家さんを更に苦しめているのではないかと

矛盾を感じたり。


一過性の値上がりだけでなく

今後この値段になります、

といったものもあります。

そのいい例がまぐろ…


高価だから品質が良い

廉価だから粗悪品、なんてことはありません。

物の価値をきちんと見極める目は養い続けたいと思います。

そして

値段に関わらず、

より良いものを安心安全に提供したい、という想いは変わりません。


それでもやはり価格の最低ラインが底上げされてしまっているのです。

心苦しくて申し訳ないのですが

お昼、夜と共に一部値上げさせていただきます。

ご理解いただければ幸いです。


今まで同様、分かりやすいように内税表示です。

なので見た目の値上げ感がありますが、

どうぞよろしくお願いいたします。



プロフィール

chihiromi415

Author:chihiromi415
1973年生。
ゆったり食べてのんびり飲める店「味わい食堂 ひねもすのたり」あるじの妻。何でも係。ぬか床をかき混ぜた後の手の匂い、たまらなく幸せです。
モットー:欲しいものは創る
座右の銘:笑う門には福来る

===============================
【味わい食堂 ひねもすのたり】

昼 11:30~14:00LO
夜 17:00~23:00LO
日曜休み

おさんぽバス舞浜線19番近く
浦安市堀江3-25-1
070-5465-2740

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR