FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく完成!

試作していたアレ。ようやくできました。


天然ミナミマグロの卵の明太子です。


もともと、

明太子を自家製にすべく、

スケトウダラの卵が出回っているうちにあれこれ試作していました。

唐辛子の粉を細かくしたり粗くしたり、辛さの調節やら旨味の調整やらで

ようやく完成した頃。


出逢ってしまったのです。

天然ミナミマグロの卵と。


ならば

この天然ミナミマグロの卵でも明太子を作ってみよう。


そんな小さなひらめきからスタートしたのでした。


天然ミナミマグロの卵。

マグロを獲った後に捨てられてしまっていたそうです。

食べたらおいしいのに、どうにかできないかなぁということで

浦安魚市場 泉銀さんで売り出されたのでした。


初めて見る食材。初めて味わう食感。

卵の持つエネルギー、たくましさ。

どんな持ち味なのか、良さを引き出すためにどうしたらよいか。

へーこんな特徴があるのね。

全てが興味深く、試行錯誤も楽しい時間でした。


この天然ミナミマグロの卵の明太子に限らないけれど、

こだわりは

「ふつうに美味しい」こと。


一口食べて「わー!」という一過性ではなくて、

毎日食べても食べ飽きないこと。

普段の食事に寄り添えるものであること。

また食べたいな、って思えるものであること。


この食感を活かすにはどうしたらよいか

この旨味を足すにはどうしたらいいか

この臭みを消すにはどうしたらよいか

イメージしている味にするにはどうしたらよいか


結構 頭使いました。


天然ミナミマグロの卵の一番の特徴が皮の食感。

コリコリしているのです。

食べた感じはたらこというよりチャンジャに近いかも。

でも卵の甘みはしっかりあります。


ご縁あって出逢えた天然ミナミマグロの卵。

そんなこんなで

ひねもす流の明太子となりました。


いつもならレシピとかコツとかほいほい教えてしまうのだけれど

今回ばかりは勘弁してください。


今週末、3/24(金) 25(土) 26(日)

浦安魚市場 泉銀さん店頭に並びます。

実は先週から売り出ししたのですが、

ご案内する前に売り切れてしまいました。

ごめんなさい。


泉銀さんに在庫してあった天然ミナミマグロの卵全てを

明太子にしました。

次の卵の入荷は船が帰って来る年末くらいになるそうです。

なので今回の分が売切れたら、しばらく作れません。

タイミングの合う方、ぜひご賞味くださいませ。


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hinemosunotari111.blog.fc2.com/tb.php/642-d0cfe21c

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

chihiromi415

Author:chihiromi415
1973年生。
ゆったり食べてのんびり飲める店「味わい食堂 ひねもすのたり」あるじの妻。何でも係。ぬか床をかき混ぜた後の手の匂い、たまらなく幸せです。
モットー:欲しいものは創る
座右の銘:笑う門には福来る

===============================
【味わい食堂 ひねもすのたり】

昼 11:30~14:00LO
夜 17:00~23:00LO
日曜休み

おさんぽバス舞浜線19番近く
浦安市堀江3-25-1
070-5465-2740

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。